はるノート選挙分析

データを力に社会を変える!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

名簿と組織的投票について  

組織的集票について少し解説します。私たちは何かをするとき、必ずしも一人一人がばらばらに取り組むとは限りません。選挙もまた同じで、労働組合、宗教団体、利益団体などがまとまって票を動かすことがあります。こういった組織票は選挙の場において軽視できません。

それは組織票が安定した基盤をもたらす上、選挙のたびに新たな層を蓄積することが試みられるからです。組織は「支持者」や「不支持者」の名簿を持ち、電話連絡などによって確実に票をまとめます。また勧誘によって獲得した票も、その電話番号を支持者名簿に追加することで次回の基礎にしていきます。

野党を応援する市民が街頭で盛り上がっているなかで、自公はこういった組織戦を地道に展開しています。また、もちろん野党側にも労働組合を中心としたゆるい組織票があり、それをもとにした集票がされます。

街頭アピールが盛り上がる陣営が勝つわけでないのはこのためで、それどころか、街頭アピールは集票とほとんど関係しないというような場合さえあります。何十回も街頭でやった地区と数回しかやっていない地区の得票率が同じだということも聞く話です。

街頭アピールの弱点は名簿を作れないことが大きく、そのため、ひとつの選挙で獲得した支持層を次への基盤とすることができません。つまり街頭は世論を喚起する手段の一つにはなっても、それによって獲得される支持層は自公の名簿による組織戦によって切り崩されてしまうのです。

スポンサーサイト

Posted on 2016/03/31 Thu. 22:02 [edit]

category: 政治一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harunosippo.blog.fc2.com/tb.php/70-c36967a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

メールフォーム

カテゴリ

検索フォーム


▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。