はるノート選挙分析

データを力に社会を変える!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

週刊現代の議席予測について――衆議院と参議院の質が同じになりつつある。それと同時に「一強多弱」だった「多弱」の多様性がなくなる  

週刊現代の議席予測について、昨日Twitterに投稿した推測と比較します。


週刊現代の議席予測(2015.12.14発表)
参議院
  自民127
  公明26
  民主42
  維新5
  共産13
  大維10
  元気3
  社民2
  生活3
  次世代3
  その他1
  無所属7

衆議院
  自民323
  公明34
  民主49
  維新18
  共産20
  大維20
  社民2
  生活2
  無所属・その他7


週刊現代は、衆参ともに与党が大幅に伸びる予測ですが、衆議院の方はまだ正確なことはわかりません。というのも衆院選は野党共闘によって小選挙区が一変しかねないからで、週刊現代のは一つの最悪の場合という感じがします。




ただ、共闘が間に合わなかったり、部分的な協力しかできないところもあるだろうし、大阪維新が野党の票を奪うこともありそうなので、いずれはそういう場合も考えてみたいですね。

参議院はもう少しはっきりしたことがわかるので、そちらの方を見てみます。週刊現代の与野党のバランスはぼくの試算とほとんど変わりません。

週刊現代のほうでは自民党の議席が1つ、公明党が2つ多くなっています。一方、大阪維新が比例で伸びないと見ているようでぼくの推測よりも3議席少なく、自民・公明・大阪維新の勢力は一致します。

次世代は単独で選挙を戦うなら、週刊現代のいうように0議席の可能性の方が高いかもしれません。ぼくは大阪維新と協力したり、合流したりする可能性も含めて1にしています。

違うのはほかの野党ですね。民主・維新・共産の配分がずれています。週刊現代は、維新が改選議席4をすべて守ると見ているようですが、大阪維新に比例票の大部分を持っていかれるはずなので、4議席とるのはちょっと厳しいかもしれません。

また週刊現代の共産党の予測で、参議院で13議席をとるのは過小だと思います。2013年参院選では共産は比例で5議席とっているので、それと比例票が同程度だと仮定しても比例だけでそのくらいの議席は容易にとってしまいます。非改選8を合計すれば13になりますから、13というのは選挙区を除外してもとれてしまう議席という感じです。









スポンサーサイト

Posted on 2015/12/14 Mon. 21:37 [edit]

category: 参院選・衆院選議席試算

tb: 0   cm: 3

コメント

私の予想も,はるさんとほぼ同じです。週刊現代との違いは,松野維新が壊滅状態になり,その分が共産に移ること。結局与野党の比率は変わらない。

もちろん憲法の危機に警鐘を鳴らすことは必要ですが,どれだけの国民がそれに耳を傾けてくれるか。最近安倍政権支持率が上昇しているのを見ると,悲観的になります。
あるいは,改憲を阻止する手段は,公明党に働きかけ,自民と選挙協力するのをやめさせることしかないのかもしれません。

URL | 桜かすみ #-
2015/12/15 11:14 | edit

公明党は基本的に生活互助会としての部分が相当に強いですから、「平和の党」と言うのはあくまで「それが支持されやすい時代」に掲げていただけのものとみなすべきでしょう。

今は与党として、地方でも影響力を持ててますから、古株の議員個人としては苦い思いがあったとしても、最優先すべき事項、つまり与党として口がきけることを優先します。

なにより、共産党へのアレルギーがつよいのは公明党でしょうから、右派的であろうが何だろうが、共産党の勢力伸長をつぶしにくるのは目に見えてます。

よって、公明と自民の選挙協力をやめさせることは、事実上難しいでしょう。
野党がやるとするならば、公明党内の不満分子をあおれないかどうか、、、それくらいでは?

URL | にゃにゃし #-
2016/01/01 20:16 | edit

あるブログで興味深い指摘を見つけました。
主に朝日新聞を読み込んで分析してる方のようです。

慰安婦問題で保守層を切り捨ててるように見える安倍政権ですが、橋下維新の協力を取り付けて自民党が参院選に勝利すれば、次に切り捨てられるのは、公明党かもしれません。あり得ない話でもなく、公明党支持者にとってこのままで良いと思えるのか、穏やかならぬ揺さぶられる内容かと、僭越ながら紹介します。

(以下引用、抜粋)
ジージはある日、世界に吠えた
「すべての政治は参院選のため…?」
http://ji-ji-wanwan.seesaa.net/article/431067664.html
参院選勝利のあと、憲法改正の最後の邪魔者は、もしかして公明党じゃないか。そして邪魔になった公明党は付き従っていった最後の瞬間、ぽいっと切り捨てられるんじゃないか。非常事態条項が成立した暁には、「非常事態勃発」を機に議会停止・選挙延期・政権幹部への権限集中で、無期限・無制限に権力を手中に収めることが可能になる。だから、公明党の要求に配慮するのはこれで終了、軽減税率ってなんだっけということになりゃせんか。安保戦争法国会で妥協しすぎたツケがまわってきて選挙が危うくなった公明党は、次には党存立そのものを問われる事態に直面するか。(引用終)

URL | 仔熊のミーシャ #-
2016/01/03 11:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harunosippo.blog.fc2.com/tb.php/65-b010bb62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

メールフォーム

カテゴリ

検索フォーム


▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。