はるノート選挙分析

データを力に社会を変える!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

デモや集会に参加した人は全部で350万人、今後参加したいと思う人は1,900万人。世論調査が示した!  


8月30日の国会デモが全国紙・地方紙とも大きくとりあげられたことによるためか、今月に入ってから世論調査でデモの質問が行われるようになりました。世論調査にそういった項目が入ること自体、デモが世論に訴えていることのあらわれにも思えますが、ともかくまずは最初にデモの質問を行った日テレの調査を見てみましょう。

日テレ世論調査 9月4日~9月6日実施
A. 安全保障関連法案に反対するデモが、全国各地で行われています。あなたは、この反対デモは、法案に対する国民の意識を代表していると思いますか、思いませんか?

20150916nitteredemo

結果はこのとおり、「反対デモは法案に対する国民の意識を代表していると思う」が46.6%で、「思わない」の36.9%を10ポイント近くこえています。「政府ではなくデモが国民の意識を代表している」という結果でした。

そして、今週はじめには産経の世論調査がデモを扱いました。

産経世論調査 9月12~13日実施
Q10. 各地で、安保法案に反対する集会やデモが行われていますが、あなた自身は、参加したことがありますか、ありませんか。

20150916demosanka

これはどう見るべきでしょうか。「参加したことがある」が3.4%と少なく、「ない」96.6%が圧倒的です。

しかし、世論調査の質問を見たときはこう問いかけをしてください。
 ・それは賛否で読む数字なの?
 ・それとも勢力で読む数字なの?


賛否で読むっていうのは、簡単にいえば「過半数が賛成しているなら、いいんじゃないの」とか「過半数が反対してるなら、このまま採決はおかしいんじゃないの」というような読み方です。

それに対して勢力で読むっていうのは、「橋下新党に期待する人が30%いる。少数派だけど、この30%の一部が支持層になるんだとすると、かなり手ごわい勢力になるかもしれない。だって野党の支持率ってどこも一桁だもんね」というような読み方です。

あと、内閣支持率だけはまた独特で、政権がどれくらい安定なのかとか、どれくらい強引なことができるかとか、政局がどう動くかという視点で見ることもできるでしょう。しかし基本は先に書いた2つです。


話を戻します。デモが国民の意識を代表しているかという日テレの質問は賛否で見れます。賛成多数で明らかでした。一方、デモに参加したかどうかは賛否の問題というよりも勢力で見るのがよさそうです。デモや集会に行くというかたちで「動いた」人たちの勢力を見てみましょう。

勢力を考えるなら、「安保法案に反対する集会やデモに行ったことがある3.4%」というのは恐ろしい数字です。この国の有権者数1億424万人に3.4%という割合をかけると、およそ350万人になるからです(こういう計算が出来るのは、世論調査がRDDによる無作為抽出を行っているためです)。

「集会やデモに行った人が350万人いる」
ぼくはこの数字に衝撃を受けました。

9月16日の中央公聴会でSEALDsの奥田くんが「私たちが独自にインターネットや新聞などで調査した結果、日本全国2千箇所以上、数千回を超える抗議が行われています。累計して130万人以上の人が路上に出て声を上げています」 と話していましたが、その直前に出た産経の世論調査による数字は350万人を示していた。分析が遅れて伝えられなかった事を残念に思います。

そしてさらに驚かされた質問がこれです。

Q11. Q10で、「ない」と答えた人にうかがいます。今後、こうした集会やデモに参加したいと思いますか、思いませんか。
20150916demokibou

「集会やデモに参加したいと思う」18.3%

これは人数にして1,900万人。

「集会やデモに参加したい人が1,900万人もいる」

凄いです。デモが国民に浸透したということのあらわれだし、これから広がる可能性を持っているということを期待させてくれます。
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/16 Wed. 09:26 [edit]

category: 世論調査の分析

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harunosippo.blog.fc2.com/tb.php/42-bbcebbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

メールフォーム

カテゴリ

検索フォーム


▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。