はるノート選挙分析

データを力に社会を変える!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

支持率のみかた <メディアによって異なる数字を読みとく>  


いろいろな報道機関がいろいろな内閣支持率を出します。政府寄りのところは政府に有利な数字を出してるとか、そうでないところは不利な数字を出しているとか言われることもあります。

しかし、そこを踏み込んで数字の大小の意味を考えてみましょう。

ある報道機関の調査で支持率が低めに出るということは、「支持する」という回答が少なめになるような質問をしているということです。つまり、そこで「支持する」と回答するのは比較的強く支持している人たちです。

支持率を低く出す=「強く支持する層」だけの数字があらわれてるということ。

逆に高めに出るということは、「支持する」という回答が多めに出るような質問をしているということです。つまり「どちらかというと支持する」というような層が含まれます。

支持率を高く出す=「強く支持する層」+「あいまいに支持する層」の合計の数字があらわれてるということ。

このことを知っておくと支持率を詳しく見る事ができますよ!



支持率を低く出す=「強く支持する層」だけの数字があらわれてるということ。

支持率を高く出す=「強く支持する層」+「あいまいに支持する層」の合計の数字があらわれてるということ。


この事は政党支持率でも同じです。だから、高く出す方の変動と低く出す方の変動を両方見ていけば、強固な支持層の増減も、曖昧な支持層の増減も知ることができます。

それからもう一つ面白い事があります。公明と維新の支持率を比較してみましょう。

20150910公明党支持率


20150910維新の党支持率

維新の支持率、バラつきすぎですよね。それに対して公明は支持率を高く出す報道機関と低く出す報道機関の差があまりありません。

なんで維新はばらつくのか。公明はばらつかないのか。それも世論調査の質問を考えれば見えてきます。

「低く出す」っていうのは、支持政党を聞かれて一回だけの質問ですぐに回答した数字でした。一方「高く出す」っていうのは重ね聞きです。つまり、一度目の質問で支持政党を答なかった人に、「しいていえばどうですか」と聞いて「じゃあ、○○党」と答えた数字が合計されているわけです。

先の例で言えば、公明党の場合「支持政党はどこですか」→「公明です」という回答だけの数字と、「支持政党はどこですか」→「うーん……」→「しいていえばどうですか」→「まあ、公明かな」という回答を含めた数字が近いです。つまり一回目の質問できっぱりと答えてる人が多いんですね。

一方、維新の場合は「支持政党はどこですか」→「維新です」というのは少なく、「支持政党はどこですか」→「うーん……」→「しいていえばどうですか」→「まあ、維新かな」というのが多い。だから一回だけしか質問しない報道機関の支持率は低く、重ね聞きして合計するところは高く出すことになるんです。

公明は一回の質問で答える人が多く、維新は迷ってから二度目の質問で答える人が多い。公明は基盤が固く、維新は曖昧な支持層が多く人気で動きがちな政党だという性格がよくあらわれています。

報道機関によって数字がばらつかない政党は常に安定した勢力があります。一方、ばらつく政党は支持基盤が弱いけれど、追い風が吹けば選挙で猛威をふるう事があります。

支持率はそんなふうに見ることができます。


(補足)
より細かく書けば内閣支持率の聞き方はこの4種類があり、低く出す順に見ていくとこうなります。

●3択方式(毎日新聞)
「支持する」「支持しない」「関心がない」の3択で聞くやり方です。この場合、「関心がない」という選択肢に一定数が流れるので、内閣支持率も不支持率もかなり低く出ます。

●2択方式(朝日新聞)
「支持する」「支持しない」の2択で聞くやり方です。この場合、「支持する」とも「しない」とも答えない人が残る分、内閣支持率も不支持率も低く出ます。

●2択重ね聞き方式(日経新聞・読売新聞)
「支持する」「支持しない」の2択で質問をし、どちらとも答えなかった人に対して、「お気持ちに近いのはどちらですか」または「しいていえばどうですか」と重ね聞きするやり方です。重ね聞きに対して「支持する」「しない」と回答があれば、それもあわせて集計するので、支持率も不支持率も高めに出ます。

●4択方式(JNN)
「非常に支持できる」「ある程度支持できる」「あまり支持できない」「まったく支持できない」の4択で聞きます。そして「非常に支持できる」「ある程度支持できる」の合計を内閣支持率、「あまり支持できない」「まったく支持できない」の合計を不支持率とします。この場合、無回答や「わからない」「どちらともいえない」などの割合は1~2%程度まで小さくなり、内閣支持率・不支持率ともにとても高く出ます。特に4択方式の高い不支持率は、他の方式と比較して挙動が独特です。


スポンサーサイト

Posted on 2015/09/10 Thu. 23:16 [edit]

category: 支持率・情勢のみかた

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harunosippo.blog.fc2.com/tb.php/39-d23b142b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

メールフォーム

カテゴリ

検索フォーム


▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。