はるノート選挙分析

データを力に社会を変える!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

支持率は誰が上げたのか? <内閣支持率上昇の原因は『自民党支持層』だった>  

8月30日に発表された日経新聞の世論調査で、内閣支持率と政党支持率はこうなっていました。

内閣支持率46%(8ポイント増)
不支持率  40%(10ポイント減)

支持政党
自民39%(3ポイント増)
公明 4%(1ポイント増)
民主 9%(2ポイント減)
維新 4%(1ポイント減)
共産 5%(増減なし)
なし 37%(1ポイント増)


全体の傾向として、内閣支持率は大きく回復。野党が支持を減らし、与党が増やしているようです。特に自民党支持率の伸びは決定的で、日経のほか大手8社の世論調査が増加を示しています。

それでは、内閣支持率は誰が上げたのでしょうか? もっと正確に言うのなら、どの政党を支持している人たちの意識が変ったことによって支持率が上昇に転じたのでしょうか。

ここで大きく

①自民党支持層
②他の政党の支持層と無党派層


の2つにわけて内閣支持率の変化を追いかけることにします。



今回(8月30日発表)の日経の記事には、自民党支持層が内閣を支持率する割合が掲載されています。

自民党支持層について
 内閣支持率86%(12ポイント増)


これを用いると

日経7月調査
 自民党支持率36%
 自民党支持層が内閣を支持する割合74%

 自民党支持層が供給する内閣支持率
 0.36×0.74=0.2664  (26.64%)


日経8月調査
 自民党支持率39%
 自民党支持層が内閣を支持する割合86%

 自民党支持層が供給する内閣支持率
 0.39×0.86=0.3354  (33.54%)

となって、8月から7月の値を引いて変化を求めると、

0.3354 - 0.2664 = 0.069 (6.9%)

つまり増加した8ポイント(%)の内閣支持率のうち、6.9ポイント分が自民党支持層によるもので、他の政党の支持層や無党派層からの支持の回復は1.1ポイント増にとどまっていることがわかります。

「安保法案の今国会での成立」について賛成が1ポイントしか増えていないことも、内閣支持率の増加が自民支持層によるものだと考えれば頷けます。自民支持層以外の意識は大きく変ってはいないと見る事ができそうです。




スポンサーサイト

Posted on 2015/09/02 Wed. 11:35 [edit]

category: 世論調査の分析

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harunosippo.blog.fc2.com/tb.php/33-ac8da071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

メールフォーム

カテゴリ

検索フォーム


▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。