はるノート選挙分析

データを力に社会を変える!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

内閣支持率上昇の裏で、「安保法案の今国会での成立に賛成」朝日は変わらず、報ステでは4%減!?  

内閣支持率が上がりました。

報道ステーション
 内閣支持率42.4%(6.3ポイント増)
 不支持率  37.4%(9.6ポイント減)

朝日新聞
 内閣支持率38%(1ポイント増)
 不支持率  41%(5ポイント減)

20150825内閣支持

前回から五週間の変化をあらわす同時期の調査なのに増減がだいぶ違っているようにみえますが、報道ステーションの大きな変化は、前回の調査がやや低く出すぎていた事にも影響されています。また、朝日は前回高めだったので、今回と比較したとき増減の幅は小さいです。

20150825内閣不支持

不支持率は、前回の報ステがやや高くですぎているように見えます(報ステがこんなに平均値に近づく事は珍しいです)。その分、今回との増減が大きく出たのではないでしょうか。朝日の増減は妥当にみえます。


さて、ともかくこれで戦後70年談話をはさむ5つの調査が出ました。

支持率
・読売  2 ポイント増(3週間での変化)
・共同  5.5ポイント増(4週間での変化)
・産経  3.8ポイント増(4週間での変化)
・報ステ6.3ポイント増(5週間での変化)
・朝日  1 ポイント増(5週間での変化)

不支持率
・読売  4 ポイント減(3週間での変化)
・共同  5.2ポイント減(4週間での変化)
・産経  7.6ポイント減(4週間での変化)
・報ステ9.6ポイント減(5週間での変化)
・朝日  5 ポイント減(5週間での変化)


総じて支持率の増加よりも不支持率の減少の方が大きいのは、内閣に対して「支持」「不支持」を表明する人が減ったということでもあり、安倍政権にたいする緊張が緩和されたようにも見えます。

以前、支持率と不支持率に対する影響はこれが大きいと書いた事がありました。

①辺野古に集中協議期間をつくったこと
②戦後70年談話の表現をまるめたこと


この2つです。もちろん同時に

③原発再稼動
④GDP速報値


など不利な要素もありました。しかしながら、①と②がおおきく国民の政権に対する緊張をほぐし、「支持はしないけど、不支持はやめる」という動きに繋がったことは十分にありそうです。

さて、今はこれに加えてとても重要な情勢

⑤株価の暴落

があるわけですが、それは今後の動向に注視するとして、もうひとつ重要な結論を報ステと朝日の世論調査に見てみましょう。

それは、「支持率の増加・不支持率の減少は、安保法制が原因ではない」ということです。もっといえば

安保法制に対する意識は辺野古対応と談話を経た今でも変化してないです。

それを明らかにするのは報ステのこの質問です

「あなたは、この安全保障関連法案について、賛成ですか、反対ですか?」
賛成           22%(1ポイント減)
反対           55%(1ポイント減)
わからない、答えない23%(2ポイント増)


変化は誤差の範囲でしかなく、ほとんど先月と一緒です。さらに安保関連法案の今国会での成立でも、

「安倍内閣と与党は、この法案をいまの国会で成立させたい方針です。あなたは、この法案の国会での審議について、どのようにお考えですか?次の3つから1つを選んで下さい。」
いまの国会で成立させることでよい 11%(4ポイント減)
いまの国会にこだわらず       64%(7ポイント増)
廃案にするべきだ           22%(2ポイント減)
わからない,答えない          3%(増減なし)

となっていて、今国会成立をよしとする層が有意に減っています。「いまの国会で成立させることでよい」が4ポイント減って「いまの国会にこだわらず」が7ポイントも増えるというのは、今国会で法案を通そうとしている安倍政権の支持率が上がったということと食い違ってさえいるようにみえます。

一方、朝日新聞の質問では、

安保関連法案の賛否
賛成30%(1増)
反対51%(6減)

安保関連法案の今国会での成立について
今の国会で成立させる必要がある20%(増減なし)
今の国会で成立させる必要はない65%(4減)


と、反対が減っているものの、賛成は誤差の範囲でしか変化していないことがわかります。

まとめると、前回の調査から今回の調査にかけて、各報道機関が支持率の上昇となっています。それは安保関連法案の審議や採決によって支持をやめていた人たちが、辺野古の協議期間や当初より温和な談話が発表されたことを受けて支持層に戻ったと見ることができるかもしれません。

しかし、安保関連法案の賛否は支持率ほど変化しておらず、今後の推移によっては支持に移った層が再び不支持に移ることも考えられそうです。



(補足)
こういうことを書くと、産経で「安保法案の賛成」が大幅に伸びたことが問題になるかもしれません。そのことについては、以前こういうツイートをしました。


スポンサーサイト

Posted on 2015/08/25 Tue. 08:39 [edit]

category: 世論調査の分析

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harunosippo.blog.fc2.com/tb.php/31-dd4e92be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

メールフォーム

カテゴリ

検索フォーム


▲Page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。